読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【作業効率化】一手間かけるだけでPC作業の効率をアップする簡単な方法

f:id:hira_ken:20160519130417j:plain

どうも、平野(@hira_ken777)です。最近驚いたのは、頻繁に使う長ったらしい文章を、毎回毎回ご丁寧に打ち込んでいる人が意外と多かったことです。

 

つまり、「ありがとうございます。」「よろしくお願いします。」「承知いたしました。」のような文章を、一字一句打ち込んでいたんです。

 

え、一字一句打ち込まずにどうやって入力するの?

 

そう思った人は、ぜひ最後までお読みください。

 

 「おはようございます」「お世話になっております」「ありがとうございます」「よろしくお願いします」「承知いたしました」

 

これを一字一句打っていると、正直めんどうではないですか?

 

タイピングに自信のある人からすれば「いや、そんなの一瞬過ぎて気にならない」のかもしれませんが、PCに慣れていない人からしたら苦痛ですよね。

 

時間はかかるし、タイプミスをしたら書き直しだし・・・

 

そんな人におススメなのが、「辞書登録」です。

 

今回は辞書登録の方法と、今すぐ登録したい文章の例をお伝えします。

 

 

もくじ

辞書登録って?

登録方法は?

今すぐ登録したい文章

スマホ(iOS)でも使えます

さいごに

 

 

 

辞書登録って?

そもそも辞書登録とは、僕の解釈では変換候補に出てこない単語を登録するためのツールです。

 

例を挙げましょう。

 

僕の下の名前「賢正」を、そのまま「けんせい」と打ち込んで変換してみます。すると「権勢」という変換は出てきますが「賢正」という変換候補は現れません。

 

これでは不便ですよね。わざわざ「賢」と「正」を別々に入力する手間がかかりますし、できれば一発で「賢正」と表示させたいです。

 

そこで便利なのが辞書登録です。「賢正」を「けんせい」という読みで辞書登録しておけば、「けんせい」と打ち込んだ時に、変換候補として「賢正」が現れるようになります。

 

 

 

辞書登録方法

では、実際に登録していきましょう。今回は、「あり」と打ち込んだ時に「ありがとうございます。」を変換候補に出す手順です。

 

①デスクトップ右下の、時計左横に注目

まずは、デスクトップ右下を確認します。以下の画像を見てください。

 

テキストを打ち込む環境にないページをブラウザで開いているときに「×」が現れるので、とりあえず全てのページを最小化してデスクトップを表示しましょう。

 

f:id:hira_ken:20160520155932p:plain

 

②[あ][カ][A][_カ]を右クリックして、単語の登録を選択します

キーボードが《かな入力》になっている場合、右下が「あ」と表示されています。その「あ」を右クリックすると、以下の表示が。

f:id:hira_ken:20160519184455p:plain

 

③単語を登録します

画像上で青くなっている「単語の登録」を選択すると、次の画面が登場します。

 

f:id:hira_ken:20160519184523p:plain

 

この画面で単語の登録をします。画像では、【単語(D)】に「ありがとうございます」、【よみ(R)】に「あり」と記入しています。

 

ポイントは、短縮した読み方で登録する点です。

 

「ありがとうございます。」を「あり」と登録しているように、例えば「承知いたしました。」を「しょ」や「しょう」と登録しましょう。

 

【ユーザーコメント(C)】は任意です。【品詞(P)】は登録した単語に合わせて設定しましょう。これで、入力する文字数が格段に減りました。

 

f:id:hira_ken:20160520101945p:plain

 

以上のように、ちゃんと登録されています。ちなみに、デスクトップ右下の「あ」を右クリックして、ユーザー辞書ツール(T)をクリックすると、上の画面が表示されます。

 

④一度登録した単語を編集する方法 

一度登録した単語を編集するには、編集したい単語を選択したまま【編集(E)】から【変更(E)】をクリックします。

 

f:id:hira_ken:20160520105154p:plain

 

すると、単語登録の画面に移るので、そこから編集します。

 

 

 

今すぐ登録したい文章

「ありがとうございます。」や「承知いたしました。」の定型文でなくとも、頻繁に使う文字列は多々あります。

 

僕が一番助かっているのは、メールアドレスの辞書登録です。

 

「○○○○@gmail.com」などのメールアドレスを、短縮読みで登録します。

 

僕の場合、「hiraken.c.2.c@gmail.com」を「ひら」と登録しているので、わざわざ半角設定にしてからタイプする必要がありません。

 

これは本当に便利なので、いますぐ登録してください。

 

また、「○○県○○市○○区○○丁~」といった住所も辞書登録しておくと大変便利です。読み方は「じゅうしょ」や「いえ」など、自分が覚えやすいもので登録しましょう。

 

自分の記事に毎回同じリンクを貼る人は、そのURLを辞書登録しておくこともおススメします。

 

僕は自分のツイッターアカウントのURLを貼ることが多いので、「https://twitter.com/hira_ken777」を「ひらけん」で登録しています。

 

よかったらフォローしてくださいね!

 

さいごに、ビジネスメールでは「お世話になっております。○○株式会社の××です。」という定型文を辞書登録しておけば、作業スピードが格段にUPします。

 

 

スマホ(iOS)でも使えます

辞書登録は、PCだけでなくスマホでも使うことができます。僕が愛用しているのがiPhoneなので、今回はiPhoneでご説明します。

 

「設定」➤「一般」➤「キーボード」➤「ユーザ辞書」

 

上記のように進んだ後、右上の「+」をタップすると、以下の単語登録の画面が現れます。

 

f:id:hira_ken:20160520141245j:image

 

 ここでもPCと同じように、「ありがとうございます。」を「あり」と登録することで、変換候補に現れるようになります。

 

もちろん、メールアドレスの登録はiPhoneでも可能なのでいますぐ登録してくださいね!

 

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。知っている人は知っているけど、知らない人は意外と知らないような知識の共有でした。

 

辞書登録したほうがいい単語が思い付かない場合は、作業をしていて思い出した時にするといいでしょう。

 

次回からも作業効率をUPさせるTipsを紹介していきたいと思います!!

 

ではでは。